TAIYOKIKAKU R&D

SIGHT OF THE LIVING DEAD
サイト・オブ・ザ・リビングデッド

2018.05.22

AR

SIGHT OF THE LIVING DEADは、ゾンビ・アポカリプス・ムービーの世界観をリアルに体験することができるARカメラアプリケーションです。人物を撮影することでゾンビへと変えてしまう変身カメラです。映像制作会社としてのノウハウと最新のARテクノロジーを組み合せることで、インパクトのある映画的体験をつくりだすことができました。

顔検出機能は、映像のフレームごとに複数の人物の顔を検出し、さらにそれぞれの人物の顔の輪郭や部位などの特徴点を50ポイント以上トラッキングしています。数十種類用意されたフォトリアルなゾンビマスクをこの特徴点にあわせて変形させることで、それぞれの顔に吸い付くようにフィットした表情豊かでユニークなゾンビフェイスができあがります。

また映像全体にシネライクな色調補正を加えることでシズル感のあるゾンビ・アポカリプスを演出しています。そしてこれらはすべてリアルタイムに処理され、スムースな映像として映し出されます。
 
スマートフォン・アプリやインタラクティブ・サイネージ、Microsoft HoloLensなどのMixed Realityデバイス、PC用アプリケーションなど、カメラを搭載した様々なデバイスを使ったマルチプラットフォームで展開するブランドとして開発を進めています。他社IPとのコラボレーションや、顔の表情の変化をトリガーとしたゲーム性のあるコンテンツなど、様々な表現や用途へと展開していくことも検討しています。
Sight of the Living Dead is an AR camera app that offers the realistic worldview experience of a zombie apocalypse movie. This is a transformation camera that turns people into zombies. We were able to create a vibrant film-like experience by combining our know-how as a video production company with the latest AR technologies.

The face detection function will detect multiple people per video frame and even track more than 50 of their features, such as face contour and parts. By matching and modifying one of the several dozen photorealistic zombie masks available, it creates expressive and unique zombie faces that securely fit each face perfectly.

A cinema-like tone filter is applied to the overall video to present a dynamic zombie apocalypse. These are all processed in real time and projected smoothly as video.
 
We are developing a brand that rolls out on various multi-platforms that are equipped with cameras, including smartphone apps, interactive signage, mixed reality devices such as Microsoft HoloLens, and computer apps. We are also studying a range of representations and purposes to expand to, such as collaborations with other company IP and game-like content triggered by facial expression changes.

<< WORKS

© TAIYO KIKAKU Co., Ltd. All Rights Reserved.