TAIYOKIKAKU R&D

THEATER 36○
シアター36○ - 国立科学博物館 -

2018.01.29

THEATER

科学者と作った究極のサイエンスエンターテインメント映像!!

シアター36○(シアター・サン・ロク・マル)は、12.8m(地球の直径の100万分の1) の球の中が全てスクリーンとなっていて、中央にあるブリッジから全方向の映像を見ることが出来る世界初の全球型映像施設です。視界すべてが繋ぎ目のない映像なので、まるで透明な乗り物に乗って映像で映し出されたバーチャル空間を浮遊しているような感覚を味わうことが出来ます。2006年に科博に設置されてから、今まで500万人もの観客を魅了してきました。(2017年4月現在)

現在上映している国立科学博物館オリジナル作品5本のうち我々は4本を制作。当時の最新科学理論に基づいて映像化した高精細CG映像は、球体映像特有の浮遊感や臨場感を最大限に生かした究極の映像体験を楽しめるサイエンスエンターテインメント映像です。

「恐竜の世界–化石から読み解く–」 (2006年)
「マントルと地球の変動–驚異の地球内部–」(2006年)
「宇宙138億年の旅–すべては星から生まれた」(2011年)
「海の食物連鎖–太陽からクロマグロをつなぐエネルギーの流れ–」(2011年)
The ultimate in science entertainment movies, created with scientists!!

Theater 36○ is a 12.8 meter (one-millionth of the Earth’s diameter) spherical theater fully covered with screens inside. This is the world’s first fully spherical movie theater where visitors can view footage in all directions from a bridge in the center. Visibility is completely seamless, so they can experience the sensation of riding in a transparent vehicle and floating in the virtual space projected in the footage. As of April 2017, the theater has mesmerized five million visitors since opening at the Museum in 2006.

Of the five original movies currently being screened at the National Museum of Nature and Science, we produced four. With high-resolution CG footage based on the latest scientific theories at the time, these are science entertainment movies that maximize the floating and dynamic sensations unique to spherical movies and offer audiences the ultimate movie experience.

The Last Dinosaurs —Tale of the Fossils— (2006)
Mantle Dynamics and Evolution of the Earth: Earth’s Amazing Interior (2006)
The Universe: A Journey of 13.8 Billion Years – Everything Comes from the Stars (2011)
The Ocean Food Chain – This Flow of Energy from the Sun to the Bluefin Tuna Fish (2011)

<< WORKS

© TAIYO KIKAKU Co., Ltd. All Rights Reserved.