TAIYOKIKAKU R&D

Stereophonic VR “Touching Sound”
直感的に音に触れ、重ね、操ることのできる 立体音響VRコンテンツ「さわれる音」を発表。

2018.03.09

VR

CM制作を中核とした映像プロダクション 太陽企画株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:岩井健二、以下太陽企画)は、立体音響システムを用いたTouching Sound VRコンテンツ「さわれる音」を、株式会社ダズルと共同開発いたしました。またアメリカ・テキサス州オースティンで開催されたSXSW2018で同時発表いたしました。

空気の振動である音に注目し、Resonance Audio、HTC VIVE、Leap motionを組合せることで実現した、音に触れることができる立体音響VRコンテンツです。センサーで手を認識し、様々な色・形をした音のオブジェクトを触れたり、掴んだり自由に動かすことができます。オブジェクトにより音が違うため、音を出すだけでなく重ねるなど直感的に音楽をつくる感覚を楽しむことができます。

Resonance Audioシステムを使用することで、空間サウンド(Spatial sound)を実現。部屋の残響や音の指向性、音がモノに遮られる感覚を感じることができます。

残響をよりリアルにするためにReverb baking toolを使用し、部屋のマテリアルに材質をマッピングをして残響効果を出しています。音のエフェクトには指向性を持たせ、体験者が音の前後・上下・左右、臨場感を感じられるように設定しています。

楽譜のない自由な楽器として楽しむことはもちろん、Leap motionを使用しているため、カスタマイズしていくことでリハビリテーションやトレーニングコンテンツ、さらにはVRを拡張させた空間演出などに展開・応用していくことを考えています。

※事業開発などビジネスデザインを行うTAIYOKIKAKUR&DとCG/デジタルデザインを行う+Ringは太陽企画のチーム。さらにシステムの共同開発で株式会社ダズルとタッグを組んだ。
TAIYO KIKAKU Co., Ltd., a video production company mainly engaging in CM production, (headquartered in Minato-ku, Tokyo; CEO: Kenji Iwai; hereafter “TAIYO KIKAKU”) developed the VR content “Touching Sound” that uses a stereophonic system jointly with Dazzle Inc. It was released at SXSW2018 held in Austin, Texas in the U.S. at the same time.

The stereophonic VR content to touch sound is realized by focusing on sound as air vibration and combining it with Resonance Audio, HTC VIVE, and Leap Motion. Sound objects in various colors and shapes can be touched, grabbed, and freely moved by recognizing hands with a sensor. Since objects have different sounds, it is possible to enjoy the feeling to intuitively create music such as layering sounds, not simply making sounds.

A spatial sound is realized by using the Resonance Audio system. It is possible to feel reverb and sound directionality in a room, and how the sound is interrupted by objects.

The reverb effect is created by using the reverb baking tool and mapping the quality of materials on the material of a room to make the reverb more realistic. The sound effect is given directionality and set to allow people to feel before and after, above and below, and left and right of sound, i.e., realistic sensation.

Use of Leap Motion will allow us to expand and apply this to rehabilitation and training content by customization as well as to spatial creation by expanding VR, not just enjoying it as a free instrument without musical scores.

※TAIYOKIKAKU R&D engaging in business design including business development and +Ring engaging in CG/digital design comprise a team of Taiyo Kikaku, further affiliated with Dazzle Inc. for joint system development.

<< WORKS

© TAIYO KIKAKU Co., Ltd. All Rights Reserved.